プロが教えるクセ毛対応カット!毛流と毛量に合わせたに合わせたセニングの入れ方

[

 

ボリュームアップ ボリュームダウン ミュート1

左右対象に量や質感ををそろえていくのではなくあくまで一人一人のくせ毛に合わせることが重要です。
くせ毛で例えば中央に集まりがちな厚め髪の場合。
中央に集まる重いくせ毛をセニングします。
毛先に行くにしたがってセニングをかけていきます。
ボブカットの場合のボブヘアスタイルが崩れないようサイドは削りすぎに注意します。
スタイルに合ったセニングの入れ方で似合う髪型を実現できます。
美容師技術はクセを見極めること美容師の技術力向上のためにも参考にしてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る